今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
真空管アンプ

真空管アンプの買取

真空管アンプの買取

真空管アンプとは?

真空管アンプとは

真空アンプは、その名の通り真空管を使用した増幅回路のアンプのことであり、スピーカーを駆動する装置のことです。

アンプというのは、レコードやCDなどの音源からの音の信号を、スピーカーで鳴らすための回路です。なぜこの増幅回路が必要なのかと言うと、レコードプレイヤーやCDプレイヤーの音は非常に小さく、そのままスピーカーに接続してはほとんど音が出ません。

そこでアンプが小さな音を増幅してスピーカーで大きな音として鳴らします。ただミニコンポやラジカセはスピーカーとアンプが一体型なので、どの部分がアンプなのかとはわかりません。

アンプは音を増幅する以外にも、音質の調整や音量調整、どの音源を鳴らすのかというセレクターの役割もあります。

アンプには音質調整などを行なうプリアンプ、増幅部の機能のメインアンプやパワーアンプ、さらには両方の機能を持つプリメインアンプとあり、ホームシアターなどで使われるAVアンプもあります。

真空管は大昔に発明された技術であり、その後トランジスタが登場し、さらにICが登場し、現在では電化製品などではまったく見ない部品となっています。

デジタル器機にでも同じであり、日米欧ではICを使ったアンプが主流です。しかしロシアや中国、東欧では今でも真空管アンプは現役であり生産が行なわれています。

また日本やアメリカでも真空管アンプの方が良いと言って、好んで使う方もいます。

特に人の声やアコースティックな音には真空管アンプはとてもマッチしています。

エレキギターのアンプには真空管が使われており、その生の音を聞いたことがある人なら、ICのアンプと比べると音は大きく違い、真空管アンプの方が生に近い音に聞こえるのです。

何故真空管の方が人の声などを再生するのに適しているのかというと、ICなどを使ったアンプは高調波という不快で聞きにくい音が多くなってしまいます。

それに対し真空管アンプは自然の音の部分が多く、そのために人の声などを再生するのにてきしているのです。

真空管アンプを高価買取してもらうポイント

真空管アンプは名前の通り、真空管を使いアンプを組んでスピーカーを動かす装置です。

真空管アンプがなくても実際のところ、音を出せそうな感じもしますが、レコードプレーヤーやCDのデッキから出される音の信号はものすごく小さいのです。ですので、その小さな音を部屋に響き渡らせるような大きさにするのに、真空管アンプはなくてはならない存在となります。

そんな、真空管アンプを高価買取してもらうポイントは、スペックがいいものが高価買取となります。特性数値が高ければ高いほど、いい音で音楽を楽しめたりするわけです。

また、そのようなスペックはもちろんのことですが、丁寧にメンテナンスされてあるものや、説明書や箱などが全て揃っている場合も高価買取してもらいやすいです。

極力、新品に近い状態での売却をオススメいたします。

真空管アンプを買取したお客様の体験談

真空管アンプを買取したお客様の体験談

不要になった真空管アンプが思いもよらぬ高値で売却できました!

以前、主人が音楽に凝っていた時期がありまして、音の響きや良さを追求していった結果、真空管アンプを購入しました。スペックの良いものを購入したので非常に音も良く満足していました。

しかし、主人が亡くなってしまい、私は使用しませんし特殊な機器ということもあり新たな使い手もなく真空管アンプを売却することにしました。

そこで遺品買取の専門業者さんに依頼することにしました。

特に金額は重要視していませんでしたが、主人の大切なものだからこそ良さをわかってくれる専門店を選びたかったのです。

依頼後はスムーズにやりとりが進み買取金額も非常に高値で満足のいくものでした。

箱や取扱説明書を大切に保管しておいたのも高値での査定になった要因みたいです。

また、そこまで 年式の新しい真空管アンプではありませんでしたが、日頃のメンテナンスは欠かさず行っていたので特に不具合がなかったのは主人にも感謝です。

整理するものがまだまだ山積みですので、今後も何かあれば迷わずこちらのお店にお願いしようと思っています。

この度は丁寧親切な対応や高価買取をしてくださり本当に感謝です。

代表的な製品

真空管アンプの代表的な製品はキャロットワンプリメインアンプではないでしょうか。

キャロットワンのプリメインアンプはブロンズカラーでスタイリッシュなデザインが若者からも大人気です。

世界的に有名なメーカーではありますが、こちらの製品は日本限定機種ということも魅力のひとつです。

使用する部品にも非常にこだわっており、コンパクトなボディからは想像つかないハイパワーを実現してくれます。気になった方は是非とも試してみてください。

付属品やオプション品

真空管アンプの付属品やオプション品として最も有名なのはスピーカーではないでしょうか。

音を楽しむためになくてはならないスピーカー。

真空管アンプを購入時に付属品としてついてくるものもあるので、すぐに楽しみたい方にはオススメです。

真空管アンプの使い方

真空管アンプの使い方

真空管アンプの使い方は、音楽未経験でも非常に簡単です。電源を入れたら少しの間だけ時間を空けます。そこからスタンバイを押してください。

そうするだけで真空管アンプが作動します。

電源を切るときは入れる時とは逆の動作をすれば大丈夫です。

休憩時などのちょっとした感覚であれば、電源から落とさずにスタンバイのオンとオフだけで、一時的にスタンバイ状態にしておくことが出来ます。

良かったら参考にしてみてください。

真空管アンプの修理方法

真空管アンプ の修理方法は、精密機器なので少々難しく専門の業者さんに依頼した方が賢明です。

しかし、自分で修理を試みるのであれば、ホームセンターなどで専用のパーツを購入して直すことも可能な場合もあります。

修理の度合いによって臨機応変に選択しましょう。

遺品真空管アンプ買取のQ&A

TANGOの真空管アンプですが、先日、祖父の遺品整理の際に出てきました。調べてみるとかなり高額な品のようで、祖母に話をして譲ってもらいました。譲ってもらって売却するのは気が引けますが、どうしても現金が必要なのでお金に変えたいのです。こういった事情でも買取してもらえますか?
ご親族の方と話し合われて、譲られた品ですので、特に問題がないとは思われますが、弊社にて買取し、新しい売却先が決まれば、返品はできませんので、その旨ご了承頂ければと思います。まずは商品について詳細を当ホームページの無料買取査定フォームにてお知らせください。買取金額を確認の上、売却するか否かご連絡いただければ結構です。
亡くなった祖父が自作した真空管アンプなどは買い取ってもらえますか?祖父が一人でコツコツと作り上げたものですが、家族の中で今後使用するものがおらず、捨ててしまうのはもったいないのでできれば現金に買いたいのですが。
大変申し訳ございませんが、ただいまお調べしたところ、ご自作の真空管アンプにつきましては、買取対象外とさせて頂いておりますのでご了承頂ければと思います。
父が所有していたmarantzの真空管アンプですが、遺品整理のため家の片付けをしていた際に、落としてしまいました。真空管の一つにひびが入り、外観に少し傷が出来てしまいました。視聴する環境がないため正常に動作するのかどうかも分かりません。こういった状態の真空管アンプですが買取してもらえませんか?
marantzの真空管アンプは非常に高額な製品が多く、多少外観に傷ができていても、買い取りたいという声も多いため、おそらく買取は可能かと思われます。しかし、真空管の一つにヒビが入っているということで、おそらく買取金額は低くなると思われますが、ご了承頂ければと思います。
2か月程前に買取をしてもらった祖父の遺品のWestern Electricの真空管アンプですが、親族の一人が、元々の値段を調べたところ非常に高価なもだということで、自分が引き取りたいということになりました。送金してもらったお金はすぐに返金しますので、返品してもらえないでしょうか?
申し訳ございません。お客様から買取りいたしましたWestern Electricの真空管アンプはすでに新しい持ち主のもとに発送が完了しておりますので、返品できかねます。