1. トップページ
  2. >
  3. 最新情報
  4. >
  5. 遺品の買取情報

無料査定・お問い合わせ

小さめで高価な遺品を日本全国宅配買取中!
現在、大きな遺品は近場のみ買取対象となっております。

営業時間 10:00-17:00 土日祝定休
※無料査定フォームからの買取査定依頼は年中無休(365日24時間)受付

遺品の買取情報
2020年11月25日

遺品の紹介

遺品の紹介

遺品は一般的に使用している物とは意味合いが異なります。遺品というのは、故人が普段使用していた物、所持していた物のことですが、いつかはきちんと片づけを行わなければいけません。

遺品は大きく分けると貴重品、形見、リサイクルできる物、廃棄するべき物に分けられます。

貴重品は通帳やカード、印鑑や不動産、保険証や契約書類などです。そのため、勝手に処分することはできないので、きちんと公的な届け出や手続きが必要になります。

形見は思い出の品なので、形見分けされた人が大切に所持しておくべきでしょう。

問題なのはリサイクルできる物と、廃棄しなければいけない物です。自分が所有していた物とは異なるので、このような物を整理することを遺品整理と呼びます。

中には思い出の品物もあるでしょうが、いずれはきちんと静止しなければいけなくなります。特に賃貸住宅に故人が住んでいた場合には、できる限り早く作業をしなければいけなくなるでしょう。

しかし、自分だけで勝手に遺品整理を行うと、後でトラブルの原因になります。

よって身内とよく相談をした上、49日など区切りのよいタイミングで始めるのがよいでしょう。

遺品整理の方法としては、自分たちだけで行うこともできるのですが、昔の人は貧しい生活を経験している人が多いことから、物を捨てられずにずっと取っておく人もたくさんいます。

そうなると遺品整理にかなりの労力と時間を有することになります。そこで便利なのが、遺品整理を行ってくれる業者に依頼する方法です。

これなら短時間で労力もかけずに遺品整理ができるでしょう。遺品の中にリサイクルができる物があれば、弊社でも買取をすることが可能なので、気軽に依頼をしてもらいたいと思います。

遺品の買取

遺品の商材トレンド

遺品の商材トレンド

遺品というのはいろいろな物が存在しています。故人が残した物であれば全て遺品になるので、中には買取を行ってもらえない物もありますし、遺品の場合には買取ができない業者もあるでしょう。

しかし、弊社であれば全てではありませんが、多くの物が買取可能となっていますし、遺品であっても買取できる物がたくさん存在しています。

では、どのような遺品が多いのかを見てみると、昔から今まで多くの人に親しまれている物が多い傾向にあります。例えばカメラも当てはまるでしょう。

カメラは昔から使用されていましたし、今でも多くの人が使っているので、遺品の中にカメラが含まれている可能性は高くなっています。

カメラにもたくさんの種類がありますし、最近では動画撮影が可能な種類がメインです。カメラは買取を行ってくれる業者が多いですし、多少古くても人気の高い物はそれなりの金額で取引されています。

そのため、弊社でもカメラの買取依頼をする人がたくさんいます。カメラ以外でも電動工具などは遺品に含まれていることも多いと言えるでしょう。

特に近年は物価の高騰や増税によって、欲しい物を購入しようと思った場合、かなり高い金額を支払わなければいけないケースもあります。

それならば安い素材を購入し、自分で必要な物を作ってしまう人も増えています。

しかし、物を作るには工具が必要になるので、電動工具外賓に含まれていることが多いのだと言えるでしょう。弊社では電動工具の買取も可能なので、たくさんの買取実績があります。

他にもよく買取依頼がある遺品はたくさんあるので、まずは買取ができるものであるか判断するために、気軽に連絡をしてもらえればと思います。

遺品の地域トレンド

遺品の地域トレンド

遺品は故人が残した物なので、ジャンルを問わずさまざまな物があります。しかし、地域によってよく買取依頼のある遺品も存在しているのですが、どこの地域でどのような物の買取依頼が多いのかを見ていきましょう。

遺品の中でも比較的買取依頼が多く寄せられているカメラの場合には、東京都や神奈川県、愛知県など人口の多いエリアからの買取依頼が多くなっています。

遺品なのでカメラの種類は一眼レフなど、昔からよく使用されている物が多いと言えるでしょう。

電動工具は熊本県や福岡県など、九州地方からの買取依頼が多くなっていますが、埼玉県などからの買取依頼も多数あります。

しかし、電動工具は購入すると高い物もの多いので、安く購入できる主導の工具を使う人が多いのも現状です。

音楽が好きだった人であれば、音響機器が遺品に残っていることも珍しくはありません。

音響機器と言えばアンプやスピーカーが一般的ですが、音響機器やスピーカーは東京都や福岡県、宮城県などやはり人口が多いエリアからの買取依頼がたくさんあります。

遺品の中には古道具や玩具なども含まれていることもあります。古道具は比較的買取をしてくれる店も多いですし、中には高額で買取ができる物も存在していますが、最近は古道具が遺品に含まれているケースは減っています。

しかし、弊社であれば物によっては高額買取が可能です。古道具は比較的地方の県からの買取が多く、主に秋田県や奈良県からよく買取依頼があります。

玩具は買取できる種類とできない種類がありますが、昔のフィギュアを買取したいという人からよく買取依頼があります。

古道具と同じように、フィギュアなども地方からの買取依頼が多い傾向にあります。

遺品の買取価格表

遺品の買取価格相場

*下記金額はおおよその目安で買取価格を保証するものではありません。
季節や市場相場、機器の状態により変動します。

品名金額(円)
徳川家康の遺品 正宗 大小の内の大刀 412,089
南雲海軍大将 旧日本海軍 金時計 380,437
マジックザギャザリング MTG 297,774
井戸茶碗 二重箱 共箱 利休 184,380
ノクチルックス Noctilux 50mm f1.0 中古 169,630
水戸金工 金銀象嵌入 床置物 138,592
江戸時代蒔絵 葵御紋入 刀装具の鍔納め箱 112,641
純金 観音像 純銀白虎龍之図 置物 ガラスケース付 107,586
虎月作 古竹 尺八 99,566
水木しげる ゲゲゲの鬼太郎 直筆サイン色紙 印章有り 額入り 95,570
明代 天龍寺青磁 純銀菊紋透かし火屋 三足筒形香炉 時代箱 95,263
香道具 染付火入 香札 銀筒 桑材箱付 一式 91,883
ROLEX ロレックス メンズ腕時計 1600 K18 デイトジャスト 中古 90,961
刀装具 江戸時代 鉄地 雲龍図打出 陣傘 85,429
桃山時代保証 鉄絵 古志野 四方菓子鉢 向付 時代箱 77,132
中国美術品 清朝期 端渓硯 寿山石絡み獅子摘み付 70,986
新羅金銅仏 佛敎美術 念持仏 靑銅鑄造佛 68,255
喜平 ネックレス アクセサリー 61.5g 18k WG 刻印 62,382
高麗茶碗 茶碗 骨董 56,543
唐物煎茶道具 清朝期 竹根 煎茶急須 蓋無 53,778