無料査定・お問い合わせ

小さめで高価な遺品を日本全国宅配買取中!
現在、大きな遺品は近場のみ買取対象となっております。

電話受付 10:00-18:00 土日祝定休
※無料査定フォームからのお問合せは365日24時間受付

遺品 農機具 買取
2015年12月16日

かつて田畑の耕作といえば、牛や人および道具に頼ることが多かったのですが、そんな時代から今日では農機具による耕作が当たり前のような時代ともなり、農業経営も一段と飛躍するようになりました。

そんな今日の農業経営には欠かせない道具ともいえる農機具ですが、具体的な農機具を挙げるとするならば、トラクターやコンバイン・田植え機などが挙げられます。

しかも、そうした農機具が登場することにより、規模の小さな田畑が農地改革をされることにより、アメリカのように日本も次第に耕す田畑の面積が大きくなってきました。

従って、そうした様々な農機具を所有するというだけでも、そうした農機具に裏付けされた広大な敷地面積の田畑が当然あるということにもなるでしょうね。

おまけに、より規模の大きな農機具を確保できるような農家の場合には、小規模の農家の田畑をも巻き込んだ農業経営が今日では行われています。

ちなみに私の住んでいる地域には、農機具では最大手でもあるヤンマーの創業者でもある山岡孫吉氏が生誕された村があるのですが、そのヤンマーも今日ではヤンマーホールディングス株式会社という名称に変更されて、農機具だけでなく漁業用船舶にまで事業を拡大するにまで至っており、その事業所も滋賀県内に留まることなく日本国内は元より世界にまで進出をしています。

もちろん、農機具といえばヤンマーの他にもクボタというメーカーがあります。

とくにクボタの場合、農業機械と鋳鉄管の製造分野では国内シェアーがトップともいわれています。

その他にも、井関農機や三菱農機・タカキタといったメーカーもあります。

ところで、日本もTPP条約を受け入れることによって、海外の安価な農産物が国内にも流通するようになると、日本の農業経営も合理的な生産方法を求めて、今後の活路を見出さざるを得ないような状況になりつつあります。

そうしたことから、小規模な農家はどんどんと大規模な農家に吸収合併されるようになると思われますが、只今弊社ではお父様が扱っていた農機具を高く買い取らせて頂いております。

お父様がお亡くなりになって、誰も農機具を扱えないということで倉庫に眠ったままの農機具がございましたら、ぜひとも弊社にお電話かメールでご相談下さい。

弊社では、無料で査定もいたしておりますので、皆様からのご連絡を社員一同、心よりお待ち申し上げております。

遺品 農機具