今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
遺品整理の流れ

遺品整理の流れ

遺品整理

親や兄弟などが亡くなったときには、遺品整理を行わなければいけなくなるケースも多いでしょう。しかし、どのように遺品整理をしていくべきなのかわからない人もいます。ただの不要品であれば、ゴミとして処分してもよいですし、まだ使える物は買取依頼をするのもよいでしょう。これが遺品となると、捨てるのは忍びないし、むやみに買取してもらうのもよくないと考えてしまう人もいるのです。まずは遺言状を確認しましょう。

遺言状に遺品に付いて書かれている場合には、その通りにするべきです。遺言書がない場合や、遺品に付いて書かれていない場合には、相続人同士で形見分けをします。値打ちのある物の場合には、相続税を取られてしまうこともあるので、通常遺品整理を行うには専門家に依頼することが多いでしょう。遺品整理は可能な限り早めに行うべきです。よく49日が経過してから行うという人もいるでしょうが、49日のときには形見分けができる状態にしておくのがよいでしょう。

もちろん早く行わなければいけないと決まっているわけではないのですが、最低でも10ヵ月以内に行わないといけません。なぜなら相続税の支払い義務が発生してしまうからです。遺品整理を行うときに頼れる専門もいるので、相談してみてはいかがでしょうか。遺品整理のときに頼れる専門家というのは、当然相続税が関係してくるので、税理士は外せません。他にも遺品整理士という専門家がいるのですが、国家資格ではないので誰でも資格の取得が可能です。

遺品整理士の資格を持っている人が多い業者に依頼して、遺品整理をしてもらうのがよいでしょう。そうすることで大切な遺品を知らずに捨ててしまう、なかなか片付かない、家の中が汚くなってしまうというトラブルを回避することができるのです。それから相続人のところに配送してもらい、遺品整理は完了となります。中には遺品整理をして形見分けを行った後に、これはいらないと思うものが出てくることもあるのですが、このような物は業者に買取してもらうのがよいでしょう。