今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
遺品の整理時期

遺品の整理時期

遺品の整理時期

大切なご親族を亡くし、永遠の別れを告げるとき。
誰にも訪れる悲しい時間です。
その後に直面する大きな問題は、故人の遺品整理です。
遺品整理というものは、基本的には故人が亡くなられた後に行われるものですが、最近では生前に親しい方々に迷惑をかけないようにと準備しておく「生前整理」をされる方も増えています。

とは言え、そういうケースは全体の数からするとまだまだ少なめで、やはり日本の風俗から故人の没後に遺されたご家族の方々で行うのが一般的です。

では、一体いつ頃に遺品整理を行うのが一番よいのでしょうか?
今回は、多くの方が持つそんな疑問にお答えさせて頂きたいと思います。

故人の亡くなられた直後というのは、非常に忙しい時期です。
遺された悲しみや、待ったなしでやって来る葬儀・告別式の準備に弔問客の対応など、それこそ目の回る忙しさが待っています。
遺されたご遺族の悲しみを紛らわすという一面のある日本の葬儀は、10日くらいで落ち着くのが一般的です。
そこで少し息をつき、数日後に行うのが理想的と言えます。
(もう少し具体的に挙げると、約2週間以内といったところです)

それには理由があり、もう少し落ち着いてから…と日を置きすぎてしまうと、今度は故人の方への募る思いがぶり返し、辛さでなんとはなしに先延ばししてしまう傾向が強くなってしまいます。
想いを大事にする日本人の良さが邪魔をしてしまうわけです。
また、持ち家で人生の最期を迎えられた方はまだ大丈夫ですが、マンションや賃貸住宅で亡くなられた場合は家賃発生の問題が生じてきます。
例え人間が住んでいなくとも家賃は待ったなしに発生するもので、これは大きな出費になってしまいます。
形見分けを親族間で行いたい、という気持ちも当然おありなのは間違いなく、ついつい親族全員の都合のいい時期に…、と先延ばしを考えられることもおありでしょう。

しかし、全ての方々の都合が良い時期というのは、現実問題として非常に難しいと言わざるを得ません。
長くなればなるほど、整理と気持ちの間の板挟みで苦しみやすくなってしまいます。

こうした事を考慮し、忙しさが一段落し少し冷静に物事を見る事が出来るようになる2週間という期間が最適と言えるでしょう。
まずは大まかな分け方をした上で、形見分けをしたいものは別枠としてまとめて保管しておき、四十九日を目処にして計画を立てるのが理想的です。

それでもなかなか忙しくて…とおっしゃる方は、ぜひ弊社へご相談ください。
亡くなられたご遺族のお気持ちに配慮し、不用品の買い取り整理のご相談に乗らせて頂きます。