今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
故人の家財で罰が当たらない?

故人の家財で罰が当たらない?

仏壇

近年では、遺族に配慮した買取を行っている買取専門店も増えています。どのような配慮を行ってもらえるのかというと、以下のような故人を意識した対応を行ってもらえることが多いです。

まず、仏壇についてですが「仏壇処分」という形で買取を行っているケースが目立ちます。処分というと破壊するとイメージしてしまうものですが、正確に は「仏壇供養」という形で仏壇を処分するだけです。なので、故人の家財で罰が当たらないような配慮のもと、処分できるように検討してくれることが多いと理解しておきましょう。

仏壇供養についてですが、思い入れについても強い品物を処分するということで、「お焚き上げ」という供養が必ず行われるようになっています。これにより、品物が正しく供養されますので、個人として対応するよりも故人に配慮した供養となるのです。また、このようなサービスは仏壇処分の1つでしかありません。近年では、人よりも大きい仏壇、もしくは故人が良く使用されていた愛着のある品であっても、同じようにお焚き上げを行う、もしくは墓所と言われる場所で保管するような対応も行ってくれます。墓所は多く の人が利用している共用スペースなのですが、後になって供養をした品物についても拝観することが可能となっておりますし、お香が焚かれている清浄な空気の中で商品が管理される手はずになっているのです。

また、故人の家財で罰が当たらないような工夫では、アイテム加工といったサービスも存在します。アイテム加工というのは、故人が使われていた道具を小型化することで、大事に保管できるようにするというサービスです。大きなものでは保管が苦しくなってしまいますが、アイテム加工であれば元の10分の1程度のサイズになりますので、よほど元々の大きさが大き過ぎるものでなければ、保管に苦しむこともないでしょう。また、このようなサービスを業者では行っているのですが、故人の要望 が書面にて残っていた、もしくは家族の同意を得られている場合には、一般的な焼却による処分にも応じてくれます。

品物として査定を行ってくれる方も、ものによっては鑑定士の方が査定を行ってくれますので、査定額が平均より劣るというケースも少ないでしょう。ものによっては、高額査定に結びつくケースもありますので、そのような損失も業者の買取であれば防げるのです。なので、個人で買取、処分について悩んでいる時ほど、業者の遺品買取サービスは便利だと言えます。