今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
古道具を収集していた祖母の遺品を買取してもらうコツ

古道具を収集していた祖母の遺品を買取してもらうコツ

古道具

祖母が大好きだった古道具

祖母は、古道具を集めるのが好きでした。いつも、身近に古道具を置いて眺めては心が落ち着く様子でした。私がどうしてこんなに古道具を買ってきて近くに置くのか聞くと、とても気持ちがおだやかになるということでした。確かに、祖母は上品な人柄で、コレクションも多く、良さそうだと聞いた古道具をどこまでも買いに行く人でした。私も一緒に何度か買い物に行ったことがありますが、正直、私にはどうやって使ったらいいのか不明でした。ただ、眺めていると、確かに和むような気がして、たまに祖母の部屋で一緒にくつろいでいました。

ひとり暮らしの祖母が亡くなる!

やがて私は社会人になり、祖母の家に行く機会も減りました。祖父は早くに亡くなっていたので、祖母は長年ひとり暮らしでした。かなり元気な人だったので、亡くなる寸前まで私の親とも一緒には暮らしていませんでした。それがある日、倒れて病院に運ばれてそのまま数日のうちに息をひきとりました。私は、その頃、海外へ出張していたので、お葬式にもでることができませんでした。なんとか帰って来た頃には、親戚が集まって祖母の遺品整理について話し合っていました。

祖母の古道具を引き取ることができない!

私は、祖母が好きだった遺品の古道具をどうするのか話し合っている親達に最初は反発しました。祖母の物はそのまま残しておくべきだと主張しました。しかし、祖母が亡くなったので、そのまま祖母の家に置いておけないことを説明されました。入院代や葬式代の支払いのために、祖母が住んでいた家も処分されること。誰かの家に収納するのも数が多いので無理。もし、収納してもきちんと保管されていた現状に比べて状態は悪くなること。どこかの家のダンボールにしまったままになること。これらの理由を聞かされて、確かに、自分の狭いアパートに置くスペースもない現実に気がつきました。

遺品買取で大切に査定!価値も認められる!

その時、叔父のひとりが、遺品買取にだそうといいだしました。その方が、きちんと査定をしてもらえて、自分達にも分からない古道具の価値も認めてくれるだろう。また、大切に保管してくれるはずだ。そして、最終的には祖母のように古道具の価値が分かる人に買ってもらえるだろう。そんな言葉を聞いていると、私も心の中で、祖母もにっこり笑って同意しているような気がしました。そこで、我が家では、祖母の長年の宝物だった古道具を買取査定にだすことにしました。

古道具は弊社の買取査定へ!

こちらの古道具を愛されていた祖母を持つお孫さんは、いろいろ悩んだあとに、弊社の遺品買取にだされました。弊社も大切な遺品なので、保管も丁寧に査定も価値をきちんと判断させていただきました。ひとり暮らしのお年寄りは、それまで自分で生活をされているので、かなり遺品の数が多く、遺族の方は扱いに悩むようです。また、遺品は不動産も含めて誰かが相続したあとに売却することが多いです。実際は、入院代や葬式代も遺族の方が負担して、あとから遺産を現金化して清算するようです。このように遺品の始末や、入院代、葬式代の回収に悩んでいるのなら、どうぞ、弊社の買取査定をご利用ください!