今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
アマチュアカメラマンだった父の遺品『ニコン(Nikon)』を買取依頼する!

アマチュアカメラマンだった父の遺品『ニコン(Nikon)』を買取依頼する!

ニコン カメラ

アマチュアカメラマンの父の大切なコレクション!

父は、私が幼い頃からアマチュアのカメラマンでした。いつでもどこでもカメラを構えていました。アマチュアの賞に入賞したくらいなので、かなりの腕前だったのだと思います。しかし、そんなカメラ優先の父を私は、どうしても受け入れることはできませんでした。女子だったので、近所の友達からは「この前、〇〇ちゃんのお父さん、カメラを持って歩いていたよ」なんていわれると、ちょっと恥ずかしかったのです。そして、そんな私の思いとは裏腹に、父のカメラコレクションはどんどん増えていきました。特に、ニコン(Nikon)のカメラの数は、私でも分かるくらいに量が多かったのです。

高価な父のカメラコレクション

父のカメラコレクションは、高価だったようで、弟が持ち出すと父は「落とすなぁ~!!」といって、よく怒っていました。私は、さすがに触ってもよく分からないので、手に取ったことはありませんでしたが、弟は男子なのでしょっちゅう触って怒られていました。しかし、やがて弟も、一度、ニコン(Nikon)のカメラを落として壊してしまってからは反省して手にしなくなりました。

戦争カメラマンもしていた父!

やがて、私も弟も成長をして実家をでて就職をして暮らし始めました。私も弟も数年後に結婚して、子供もお互いにできました。実家には、母がいましたので、たまに帰省しました。でも、父は撮影のために休みになるとでていることが多く、会えないことが数年間続きました。そんなある日、父が撮影先で倒れて、そのまま亡くなりました。どうも、私達が余り知らなかっただけで、相当危険な場所で撮影をしていたこともあるようです。独身の頃には戦争カメラマンもしていて、定年になった最近、また復活していたとのこと。

父のカメラコレクションを買取に!

突然の父の死に、母は大変でした。でも、やがて、父の遺品のカメラコレクションをなんとかしないといけないという話になりました。母も弟も私も1個くらいはそれぞれもらって家に飾るという選択肢もありました。でも、私と弟は父が生前とても大切にしていたカメラを自宅に引き取って、自分達の子供に対して、私達が幼かった頃のように「それは、おじいちゃんの大事な形見だから、触ってはダメ」というのは難しいと判断しました。結局、母が父の遺品から思い出のためにニコン(Nikon)のカメラをひとつだけもらうことにしました。そして、弟の提案で、残りの父の遺品のニコン(Nikon)のカメラコレクションを、買取にだすことにしました。買取で得たお金は、母の老後の資金に充てました。

カメラは高額査定の弊社の遺品買取へ!

アマチュアカメラマンと戦争カメラマンをしていたお父様がいた娘さんは、このあと、弟さんと当店の遺品買取を利用されました。大切なお父様の遺品なので、弊社としても丁重に扱いました。ニコン(Nikon)のカメラのコレクションの数は多く、貴重なカメラがいくつもありました。そこで、かなり高額に買取をさせていただきました。